愛着あるブーツとお別れ。一つ手放すと気分がスッキリすることに気づきました【1日1捨】

Sponcerd Link

部屋が大変な状態になってるので、断捨離していこうと思い、少しずつ始めているNEPPIEです、
とはいえ、いざ始めるとなかなか進まないのが現実。
どうすればいいかなぁと思ってたら、最近ブログで見かけるキーワードを思い出しました。

「1日1捨」

周りのブロガーさんが一日一捨を実践してるのを見かけました。
ハードルを下げて取り組めば、断捨離も出来るかなと思い、私も記録してみようと思います。

1日1捨とは

「1日1捨」。
この言葉を知ったのは、立花岳志さんのブログのこの記事がきっかけでした。

たちさんは税理士のきむらあきらこ(木村聡子)さんの著書「あなたの1日は27時間になる。」に書かれていたのを読んで、やってみようと思ったそうです。

聡子さんとは、1月のもぐもぐ会でお会いした時にいろいろとお話出来ました。

熱烈なカープファンとしてタイムラインを赤く染める(球場で撮った写真で)ことでも有名です。
彼女の本も買ったので、しっかりと読んで実践していきたいと思います。
(今度レビュー書きますね)

で、聡子さんは著書の中で1日1捨についてこう書かれています。

何か新しい物を入れるのであれば、何か1個捨てるか、使い切ってからにする。あるいは新しい物が「欲しい」と思ったら、今ある物で代用できないか考えることを心がけるようにしましょう。というのも、物を増やさないことは、時間をかけずに整理整頓できる、最大のコツだからです。
そこでみなさんに取り入れていただきたいのが「1日1捨」。文字どおり「1日に1つ、捨てる」ことです。これは、職場でも自宅でも私がここ5年間実践している習慣です。
本、服、小物、雑誌、使いかけの化粧品、あまり使わないアプリ……。なんでもいいのです。必ず何か1つ、物を捨てるようにしています。

何度か断捨離しようと実践していても捨てるのに疲れてやめてしまったりすることはよくあるので、1日1つ捨てるということならハードルを下げられるかなと思い、私もやってみました。

土曜日の1日1捨

3足のブーツのうち、2足は彼からのプレゼント。
愛着あるからこそ、ずっと持っていたいという思いがあったので、手放した寂しさはあるけど、写真に残すことで思い出として残るし、今度新しいのを買ったら愛着が湧きそうです。
(厳密には3つ捨てたのですが、セットということで^^;)

それに一つ手放す事で気分もスッキリすることにも気付かされました。
これからも少しずつ一日一捨したいと思ったのでした。

1日1捨でいこうと思ったけど、この後、CDを10数枚、断捨離しようと思い、ディスクユニオンで買取してきました。
あまり値がつかなかったけど、手放せた事でスッキリできました。

まとめ:1日1捨を習慣化して、スッキリしていきたいと思います。

1つ捨てるのはモノだけではないと思います。
スマホやPCのアプリとかもそうだし、良くない習慣もあるかもしれません。
続けていけば、思考も整理出来そうな気がします。

1日1捨を習慣化すると、いろんな意味でスッキリ出来そうなので、無理しない程度にやっていこうと思います。

1日1捨したいと思ったら読む本

断捨離について、発案者自身が書いた本で読み直してみたいと思います。

created by Rinker
¥1,650 (2021/07/27 21:27:19時点 Amazon調べ-詳細)

この本は持っています。
何度か読み返すと新たな発見もありますね。また読もう。

これを読んで、ロジカルに考えていけば片付けられるかな。

ミニマリストが気になって買った本。
ここまで減らせる事が出来たらいいのだけど、難しいだろうなぁ^^;。

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

フロントエンドエンジニア(HTMLコーダー)/ブロガー/逆算手帳アンバサダー/ドラゴンズ&ファイターズファン/佐野元春&Paul McCartneyファン/エアロビクス好き/ボディメイク進行中/Mac&Windowsの二刀流使い。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)