稲葉ジャパン、決勝戦で韓国を破ってアジア プロ野球チャンピオンシップ 初代王者に!【野球】

11月16日から開催された「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」。
稲葉篤紀が侍ジャパンの監督になって、初めての国際試合は、若手中心で構成された「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」でした。
日本、韓国、台湾の3チームで繰り広げられ、今日決勝戦が開催され、稲葉監督率いる日本が、韓国を破り、初代王者になりました!

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 大会詳細

ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 試合・大会詳細

まずは大会規定をおさらい。

・大会に出場できる選手は参加連盟の属する国、地域の国籍を持ち、1993年1月1日以降生まれの24歳以下あるいは入団3年以内の選手。その他オーバーエイジ枠として3名の出場を認める。
・出場チームは、監督(1名)、選手(25名)、コーチ(6名)、ビジネスマネジャー、トレーナー、スコアラー、通訳、広報、用具係を合せて42名が試合のためにベンチ入りができる。

第1戦は韓国戦。
両チームが点の取り合いの末、日本が延長10回裏にサヨナラ勝利。

第2戦は台湾戦。
日本が大差で台湾に勝利を決めました。

そして、決勝戦は韓国と対戦になったのでした。

決勝戦は接戦のち、打撃爆発!

TVで試合を見て感じた印象は、打線はパ・リーグの選手が目立つなぁということでした。
その一方で投手陣はセ・リーグの選手が締めていた印象があります。

先発の田口(ジャイアンツ)は韓国打線を抑える好投。
その好投に打線が応えたのは4回。
無死一、二塁で外崎(ライオンズ)が右翼フェンス直撃のヒットで先制。
4回は1点止まりでしたが、5回に再び外崎タイムリー、西川(カープ)がツーベースで2点追加。
6回、7回も着実に点を積み重ねて、7点。

投手陣は田口が7回を0点に抑え、8回は石崎(タイガース)、そして9回は、球場が揺れそうな「ヤスアキジャンプ」で登場した山崎康晃。
山崎がしっかりと抑えて、韓国に快勝。
稲葉JAPAN、初の国際試合を優勝で決めたのでした!

稲葉ジャパンが初代王者! 宿敵・韓国を投打で圧倒

稲葉ジャパンがアジア制覇! 外崎2打点、西川3打点などで韓国を圧倒

侍ジャパンが初代王者、宿敵韓国に完勝で完全V – プロ野球 : 日刊スポーツ

稲葉ジャパンになって初めての国際試合は、アジアCS初代王者という結果になりました。
今回は若手中心で構成されたチームでしたが、国際試合を経験させて、東京五輪、WBCと国際試合を戦える選手を作りだすという意図が感じました。
次は2019年に開催されるプレミア12。五輪予選も兼ねると言われているので、代表選手を誰にするかが重要になってきます。
WBCで活躍した選手たちに加え、今回のアジアCSで活躍した選手、更には若手も出てくるなかで代表争いが激しくなってくることでしょう。

これから稲葉ジャパンがどう動いていくか、注目していきたいです。

Instagram掘り起こし

【Instagram】5回表が終わる頃に到着。レアードが寿司握った(ホームラン)のに、同点に追いつかれたとは…。勝ち越して欲しい!#北海道日本ハムファイターズ
from NEPPIE’s Instagram
Posted by Intagrate Lite

【Instagram】5回表が終わる頃に到着。レアードが寿司握った(ホームラン)のに、同点に追いつかれたとは…。勝ち越して欲しい!#北海道日本ハムファイターズ
2017年5月13日 15:48

アイキャッチは東京ドーム開催&稲葉さんがファイターズOBなので、今年5月のファイターズでのB☆Bです。
来年はファイターズ頑張れ!

Feedly

Feedlyを登録すれば、更新情報を手軽に受け取ることができます。

follow

Blog Ranking

このエントリを読んで気に入ったら、いいね、クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ブログブログへ

関連記事(一部広告含む)