NEPPIEの好奇心Blog。

九州 東雲堂の二○加煎餅とドラえもんのコラボせんべいをいただきました

Sponcerd Link

先日、会社の後輩からもらったお土産。
九州に行って来たとのこと。

ドラえもん!

形に特徴的あるのが気になったので、どこのお菓子かなぁと調べてみることにしました。

福岡にあるせんべい屋さんのコラボでした

調べるにはGoogle先生ということで、
「ドラえもん お土産 九州」
で検索してみたら、トップで表示されました。

東雲堂「I’mDoraemon 二○加煎餅」

I’mDoraemon 二○加煎餅 | コラボレーション | | にわかせんぺい本舗 東雲堂

国民的人気キャラクター「ドラえもん」とのコラボレーションが実現しました。
パッケージはドラえもんのイメージを表面に打ち出し、裏面には二○加煎餅の意匠を活かしたコラボデザインとなっております。
ドラえもんデザインのお面もおまけとして封入されており、見て、食べて、遊んでと楽しみ方が広がります。

可愛いー(*^^*)

二○加煎餅はどんなせんべい?

二○加煎餅 特大・4枚入 | 二○加煎餅 | | にわかせんぺい本舗 東雲堂

古くから博多の郷土芸能として庶民の間で親しまれている博多仁和加。
その半面を形どった、ユーモアあふれる煎餅が二○加煎餅です。

あの独特の形は博多の郷土芸能である「博多仁和加」の半面だそうです。

博多仁和加の起源は、約300年前の寛永年間。
藩侯黒田忠之公の頃といわれています。博多の物好き連中がお盆の夜に集まり、提灯の両縁を取ったものを頭から被り、目の部分だけ開けて往来をそぞろ歩いたとか。人に出逢えば口から出まかせの軽口や謎の問題をしかけ、人々を笑わせる。それが何時しか「仁和加」というようになったのです。

300年前の寛永年間が起源とは、歴史を感じますね。お面、どんな感じで被ってたのかなぁ。
今度チェックしてみよう。

「I’mDoraemon 二○加煎餅」、美味しくいただきました

ドラえもんの顔の特徴をうまく生かしている形をしてるし、程よい甘さで美味しかったです(^^)

ごちそうさまでした。

クッキーのドラえもんも気になる…。

PressSyncで書いてみました。

Minako Seki
フロントエンドエンジニア&ブロガー。都内の制作会社でHTMLコーダーとして活動中。ドラゴンズ&ファイターズと佐野元春さんとエアロビクスと日本酒とビールが好きです。詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の出来事ランキング

このエントリを読んで気に入ったら、いいね、クリックしていただけると嬉しいです♪

Sponcered Link
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA