dancyuを読んでいたら、酒場に行ってみたくなりました【書籍】

昨日、帰宅途中にある雑誌を買って来ました。

「dancyu」を買いました

dancyuは、『dancyu(ダンチュウ)』は、おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。
「食こそエンターテイメント」をテーマに毎月、様々な特集が展開されてます。

今月の特集「酒場はここだ。」

今月の特集は「酒場」。
2年ぶりの特集だそうです。
あえて酒場と書くのは、酒場=居酒屋というのではないようです。

いま酒場は多様化しています。
居酒屋はもちろん、定食屋でも、ファミレスでも、イタリアンでも、ラーメン屋でも、喫茶店でも、くつろげて心地いい酒が飲めるなら、そこを酒場と呼ぼう!

特集の最初に書かれている一文です。
確かに昔だったら酒場=居酒屋というイメージがありましたが、ここ数年は様々なお酒を嗜みながら楽しめるお店が増えて来たように感じますね。

買いたかった目的の一つ。
太田和彦さんと佐藤卓さん、2人のデザイナーによる居酒屋対談。

今や居酒屋探究家として知られている太田和彦さんですが、実はデザイナーとしては大御所で、かつては資生堂のデザイナーとして数々の広告を手掛けてました。

【BS11:紀行・教養】 太田和彦 ふらり旅 いい酒いい肴

佐藤卓さんはプロダクトデザイナーとして商品パッケージデザインや「ほぼ日」のロゴデザインを手掛けるなど幅広い活躍をされてます。

おいしい牛乳」はよく飲んでるので親近感湧きそう。

Webの制作に携わっている自分としては、この2人が居酒屋談義をすると聞いて、デザイナーならではの視点が入った濃いものになるだろうなぁと思いつつ読み始めたら、その通りでした。
デザイナーらしく内装とかの話があったり、興味深い話がてんこ盛り。
それでもお酒が入って二人共気分が上々になってるのが写真から伝わっていいなーと感じました。

甲子園球場で飲むビール、美味しいだろうなぁ。
そうです。球場も広い意味で「酒場」になるんですよね。
神宮球場やハマスタでナイターを観ながらビールを飲むと美味しかったです。
夏のナイター、楽しみになってきました。

観戦した日は「ビール半額デー」で、仕事帰りのサラリーマングループが多く、いつもの外野レフスタに入れず内野観戦でした^^;。

「酒場」に行った時の記事まとめ

過去に「酒場」に行った時の記事をいくつか紹介してみます。

他にもいろんな所に行ったので、全部紹介すると相当ありそう。
時間見てまとめてみようかな。

酒場では、心地よく楽しめるのが一番と感じます。
これからも楽しみたいと思います。

「dancyu」はこちらで買えます&読めます

アプリでも読めるのでチェックしようと思います。

dancyu

無料
(2017.06.29時点)
posted with ポチレバ

dancyuのオンラインショップもあるみたいですね。