「愛し合ってるかーい!」追悼:忌野清志郎さん

音楽はずっと残る…。

こんにちは、ねぴです。mixiの日記には書いていたのですが、ブログにも改めて書きたいと思います。
土曜日夜、寝る前にネットを開いてみたら…ショックな訃報が入ってきました。
これを読んでから、しばらく寝るまでに時間がかかってしまいました。

忌野清志郎さん、壮絶死ノがん闘病3年
 「愛しあってるかい」のフレーズで一世を風靡し、日本のキング・オブ・ロックと称えられた歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう=本名・栗原清志)さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため都内の病院で死去した。58歳だった。清志郎さんは2006年7月に喉頭(こうとう)がんであることをHPで公表。その後、08年2月に東京・日本武道館公演を行い復活したが、同年7月に左腸骨にがんが転移し、再入院。感動を与え続けた不屈のロック魂が天国へ旅立った。


ショックでした。
前の喉頭ガンから復活した時のように、清志郎さんならまた復活して「愛し合ってるかーい!」と言って、戻ってきてくれると思っていたのに…。
熱烈なファンではなかったけど、彼の存在があることでロックの一つの基準があったような気がしていたと思います。

これは「Imagine」のライブ。ジョン・レノンが書いたあの「Imagine」を彼なりに解釈して歌っていたものです。すごい圧倒感を覚えます。GIBSON J-200を思い切り弾きまくる姿はすごいです。ジョンもきっとビックリしながら天国で聴いているのでは思ってしまいました。
数年前、アースコンシャスライブで佐野元春さんと競演した時があって、チケットも持っていたのに、用事が入ってしまって見に行けなかったんですよね。ライブを生で見られなかったのが悔いに残ります。

あの時は問題になる歌詞と曲を歌っていて翌日のスポーツ新聞で大騒ぎになったような記憶が…。
確か「SONGS」に復活した清志郎さんの特集を録画したような気がするから、見てみたくなりました。

清志郎さんは熱烈なドラゴンズファンでもあるんですよね。川又選手のユニ(背番号23)を着て「ロッキンオンジャパン」の表紙を飾った時にはビックリでした。
その後もドラゴンズファンの姿をいろいろと見かける事が多く、07年の日本シリーズも見に行っていたのを月刊ドラゴンズに載っていたのを見て嬉しかったのを思い出します。

忌野清志郎さん逝く 熱烈ドラ党
 ロックバンド「RCサクセション」のボーカルとして「雨あがりの夜空に」などのヒット曲を生んだミュージシャンの忌野清志郎(いまわの・きよしろう=本名・栗原清志)さんが2日午前0時51分、東京都内の病院で、がん性リンパ管症のため、死去した。58歳だった。東京都出身。06年7月に喉頭(こうとう)がんであることを明かし、08年7月には左腸骨へのがん転移も公表していた。清志郎さんはバンド、ソロ活動を通じて日本のロックシーンに大きな影響を与え、「キング・オブ・ロック」とたたえられた。一方で、中日ドラゴンズの大ファンとしても知られ、巨人全盛時代に「右にならえの世の中が気に入らね?!!」と“アンチ巨人代表”のロッカーでもあった。

忌野清志郎さん死去 20年来の熱烈な竜党
 2日に死去した忌野清志郎さんは大の中日ドラゴンズファンとして知られた。仕事の合間を縫って球場に駆けつけ、メガホンを手に声援を送ったり、ドラゴンズのジャンパー姿でステージに立つこともあった。元ドラゴンズの選手で清志郎さんと交流の深かった川又米利さん(48)は突然の訃報(ふほう)に「早すぎる」と言葉を失った。
 現役時代から15年来の付き合い。1999年にはドラゴンズのセ・リーグ優勝を一緒に神宮球場で見届けた。川又さんが出演するテレビ番組用に清志郎さんが曲を提供したり、武道館での清志郎さんのコンサートに川又さんが飛び入りで参加し、「雨あがりの夜空に」を一緒に歌ったことも。
 「喉頭(こうとう)がんからの復帰後にお会いしたが『すっかり治ったぜベイベー』という感じだったのに…。残念です」。今年の年賀状に書かれていた「また野球見に行きましょう」との言葉は実現しなかった。
 東京都出身の忌野さんがドラファンになったのは88年、長男の誕生がきっかけだった。ドラゴンズがリーグ優勝を果たしたその年の秋に生まれた子につけた名前は「竜平」。「不思議な縁を感じた」と話していた。

スポーツスタジアムという中部地方の番組で、元ドラゴンズ選手の川又米利さんが飛び入りで清志郎さんのライブに参加した時の模様を見たことがあります。
心から楽しんでいる姿が印象的でした。(2014.5.2追記:当時はYouTubeにアップされてましたが、現在は映像は削除されてます)

CBC「サンデードラゴンズ」で放映された追悼特集の映像を見つけました。

強烈な印象を残したまま、ギターを持って天国へ旅立ってしまった清志郎さん。「愛し合ってるかーい!」が聴けないのは寂しいけど…彼が出した多くの曲はずっと生き続けると思います。ありがとう。

ご冥福をお祈り致します。

清志郎さんが亡くなった翌日。
横浜スタジアムでドラゴンズが久々に勝ちました。
天国へいく途中、横浜に寄って叱咤激励してきたんだろうなぁ。

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

フロントエンドエンジニア(HTMLコーダー)/ブロガー/逆算手帳アンバサダー/ドラゴンズ&ファイターズファン/佐野元春&Paul McCartneyファン/エアロビクス好き/ボディメイク進行中/Mac&Windowsの二刀流使い。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)