「疲労回復ジム」ティップ.クロス TOKYOでリカバリーしてきました【フィットネス】

一時期、ジムに通う回数が激減していたNEPPIEです。
仕事帰りに行けるのが理想だけど、仕事が遅くなったり予定があったりして行けないことがしばしば。
それにジムでは「筋トレして、レッスン出て汗を流して…」というのが頭の中に入ってましたが、最近は運動する体力がなくても行ってみようと思えるような感じになってきました。

疲れてるけどティップ.クロス TOKYOへ。

仕事帰り、ティップ.クロスTOKYO池袋に行ってきました。

【Instagram】‪今日は仕事帰りにジムに行ってきました。調子を測ったらかなり疲れてる事が判明したので、スタジオレッスンに参加せず、マイペースでウォーキングと筋トレとストレッチしました。体を動かして少し楽になって帰宅します。運動の合間はアミノ酸ドリンクで水分補給してました。‪#フィットネス #トレーニング ‬
from NEPPIE’s Instagram
Posted by Intagrate Lite

【Instagram】
‪今日は仕事帰りにジムに行ってきました。調子を測ったらかなり疲れてる事が判明したので、スタジオレッスンに参加せず、マイペースでウォーキングと筋トレとストレッチしました。体を動かして少し楽になって帰宅します。運動の合間はアミノ酸ドリンクで水分補給してました。‪#フィットネス #トレーニング
2018年5月31日 @ 22:33‬

普段ドリンクは水か炭酸水が多いけど、ジムだと運動で消費されるのでアミノ酸が入ったドリンクを飲んでます。
今回はアミノバイタルで。

軽く動かしてハンモックでリカバリー

先日火曜日、仕事が終わって時間があったので、ジムに行ってきました。
時間があったからガッツリと思ったけど、仕事の忙しさと週末は外に出て過ごしていて疲れが残ってるので、方向転換。
軽くウォーキングした後はハンモックでリカバリーしてきました。
ウォーキングをしてたら、夕方から感じてた足のむくみも取れたのが良かった。
(最近夕方になると足がむくんでくるので、対策を考えなくては…)

ハンモックプログラム

ハンモック プログラム|ティップ.クロス TOKYO 池袋 – 時代に前向きなエンパワーメントパーソンのためのジム

この時間は「癒し」がテーマなので、30分間で5つのポーズを呼吸を整えながらまったり行います。
思わず寝てしまいそうな位の心地よい揺れでリフレッシュ出来ました。

「疲労回復ジム」でリカバリー

最近のティップネスは「疲労回復ジム」とも言われています。
昨年導入した調子を測定するシステムとアプリを使って、体の調子を測って、最適なトレーニングや運動を提示していくというものです。
これが昨年暮れに観光された日経トレンディでも取り上げられたそうです。

AIスピーカーは1人1台に 今年のヒット商品予測を発表

ヒット予測で「疲労回復ジム」が3位に入り、そこでティップネス吉祥寺店の取り組みが紹介されていたそうです。

詳しい内容は会員登録して読めるこちらの記事で。

自分を追い込む位に動くだけではない、疲れを取るためにジムに行くというのもこれからの選択肢の一つになるのかもしれませんね。
そういう形でもジムに通う習慣をこれからも続けたいと思いました。

しっかり運動した方がいいとは思うけど、疲れを取るためにジムに行くのもありですね。

サプリメント「MUSASHI」でリカバリー

Musashiが割引になっていたので2種類購入して帰宅しました。

MUSASHI(ムサシ)のアミノ酸

ジム以外では公式のオンラインショップで買えるそうです。

MUSASHI公式オンラインショップ / TOPページ

「NI[ニー]」と「K’UN[クン]」。
それぞれ8本入りで1本おまけが付きました。

NI[ニー]

L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシンの3種のアミノ酸はBCAAとも呼ばれ、栄養素としていろいろな役割が明らかになっています。 その中でも、リカバリー作用が注目されています。それをサポートするのがNI( ニー)です。
翌日も、フレッシュな状態で活動するために。

NIは何度か買ったことがあります。疲れてるなーと思ったときに飲んでみるのがいい感じです。(ちょっと苦いけど)

K’UN[クン]

みずみずしさ、若々しさを保つ栄養素としてもアミノ酸が注目され、 それらが就寝中に細胞の活性化をサポートするとも言われています。 K’UN(クン)には女性 にとって重要なアミノ酸が11種類バランスよく配合されています。
女性アスリー トには体づくりの基礎として。

これは初めて買ってみました。

効果出るといいな。