加藤剛司「仕事は将棋に置きかえればうまくいく」をゲット。将棋思考を仕事に活かしていくためのガイド本になりそうです【書評】

今日、仕事帰りに本屋に寄ってきました。目的は欲しかった本を買うためでした。

長年の大切な友達が初めての本を出しました!

「仕事は将棋に置きかえればうまくいく」

私の長年の友人である構成作家、ライターの加藤剛司(チャッピー加藤)さんによる初の著書です。

発売2日前に投稿した記事です。Amazonでも本と名前が出るようになるとジーンときます。

どんな本?かを著者本人が紹介!

著者本人からの紹介文です。
チャッピーさん(と普段から呼んでるので、ここでもチャッピーさんと呼ばせていただきます)は将棋歴40年、アマ4段(!)という経歴を持っているそうで、将棋を通して得たものが多く、将棋での思考、駒の動かし方などが仕事などにも通じるところがあるというのが興味深いなぁと思ったので、発売が楽しみでした。

池袋にある「くまざわ書店ルミネ池袋店」で購入

で、今日仕事帰りに池袋にある本屋に行ってきました。

NEPPIE
紹介兼ねてAmazonのリンクも貼っておきますが、本屋さんに頑張ってもらいたいので、出来るだけ本屋で買おうと思います

ビジネス書のコーナーに置かれてました。

自分の分を手に取ると、残り1冊になりました。

本を買って10分後にはルミネの閉店時間になってしまいますが、読んでみたくなったので、2階にあるスタバに立ち寄りました。

「仕事は将棋に置き換えればうまくいく」

夜なので、カフェインを避けてソイラテをお供に。

将棋思考を仕事や日常に活かしていくガイド本

「はじめに」の見出しタイトルにはこう書かれてます。

「将棋を指すときの思考法」でロジカルに物事を考える」

私自身は将棋はたまにしか指してないけど、父が将棋好きということもあり、将棋のことは気になってました。
特に最近は藤井聡太棋士のブレイクや「ひふみん」こと加藤一二三九段、羽生善治永世七冠など話題の人も多いので、将棋をもっと知りたいと思っていたところでした。

でも、この本は将棋の指し方そのものを教える「将棋ガイド本」ではない。
それなら何なのかというと、「将棋思考を仕事に取り入れる」ためのガイド本のように感じました。

これから読み進めていきたいと思います。
気づいたところが出てきたら、ブログに書いてアウトプットしようと思います。

チャッピーさん、今度お会いした時にはサインさせてください!

藤井七段の語録も読んでみたい!
この佇まい、10代とは思えない…。

Feedly

Feedlyを登録すれば、更新情報を手軽に受け取ることができます。

follow

Blog Ranking

このエントリを読んで気に入ったら、いいね、クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ブログブログへ

関連記事(一部広告含む)