2018年振り返り:「ビリーフリセット」と出会えた事で、自分の中にある「ビリーフ」と向き合っていこうと思った一年になりました【ココロ】

緑の写真

こんにちは。
2018年もあと数時間。今年一年を振り返る記事を書こうと思っても、家事や正月の準備に忙しくてなかなか進まないです。
でもこの記事は今年中に書きたいと思い、思いのままに綴ってみます。

今年は「ビリーフリセット」を知った一年になりました

今年は私自身の心と向きあう機会が増えた一年でした。
きっかけは、大塚あやこさんが発案した「ビリーフリセット」を知ったことです。

ビリーフリセットとは

ビリーフリセットとは何かについては、こちらに書かれています。

無意識にかけている心のブレーキ
非合理なメカニズムで動いている思考パターン
それが「ビリーフ」というものです。
ビリーフは私たちの無意識下に潜んでいて自分ではなかなか気がつきません。
それは「安全でうまくいくため」に必要な法則だと、幼い頃から信じてきたものなのですが、大人になった今となっては「進めない、やりたいことができない、自信が持てない」といった不自由と限界を作り出し、本来の生き生きしたいのちの流れを妨げてしまいます。
そのビリーフをリセットしていくことで、流れの滞ったところに勢いを取り戻すことができます。
本当に望んでいたこと、やりたかったことを思い出すことができます。
「望んだなら行動する」という力を取り戻すことができます。

ビリーフリセット®とは

ビリーフについては私の言葉ではうまくまとめられないので、あやさんの記事を読んでいただけたらと思います。

はじめの一歩、ビリーフリセット入門講座

今年5月、ビリーフリセットを知るきっかけになる講座が開催され、参加してきました。
ビリーフリセット入門講座です。


私が参加したのは、プロコースに在籍している4名のビリーフリセットアドバイザーのよる講座です。前半は4人の講師によるビリーフ、ビリーフリセットについての概要を話し、最後にあやさんが補足説明を行う流れでした。

後半は参加者の一人がクライアント役になり、アドバイザーを1名選んで、公開セッションをおこなたのですが、そこで、思わず私が手を上げて、クライアント役になってしまいました。

なぜ手を上げたんだろうと思ったけど、ちょうどこの時期、仕事の面で辛い出来事があったため、自分の心が揺れていたというのがあり、何か解決策を考えてほしいという思いから手を上げたのでした。

私自身の悩みを話し、そこにカウンセラーが私の中にあるビリーフを導き出す流れで、途中あやさんからもアドバイスやビリーフリセットをしてという、回りから見たら贅沢すぎる時間でしたが、当の私は途中から涙が出てきたりと大変でした。心の中をえぐられるって、こういうことなんだなぁ。

でも最後にはスッキリと終わらせる事ができて良かったです。

アドバイザーの牧野めぐみさん、ありがとうございました!
めぐみさんのブログはこちらです。

あやさんからも多くの気づきを教えてくれました。感謝です。

あやさんとの個別セッション第1回

それから2ヶ月後の7月。
あやさんのFacebookページを見ていたら
7月、個別セッション1枠空いてます
との書き込みがありました。
たまたま見かけたのですが、読んでいくうちに、自分の中で「私のためにこのセッションがある」という声が心の中から聞こえてきて、これは受けなければ!と思い、速攻で申し込みました。

麻布十番駅近くの広場

場所は六本木のスタジオではなく、麻布十番にあるレンタルスペース。
あやさんがかつてここでセッションを行っていた所で受けてみました。
詳しい事を書くには時間がかかりそうなので、また改めてにしたいと思いますが、大きな気付きが出てきました。それは…

私の悩みとしては「人の目を気にしてしまう」ところなのですが、そこからあやさんがいろいろと掘り起こしていくと、最終的に出てきたのは、小さい頃の私。

小さい頃の私は、母親の事が好きで(今もです)、母親に気に入られたいために、自分自身は周りの目を気にして、母を怒らせないようにしていたのではと言われた時、ハッとしました。
これがビリーフか!
と気づいた瞬間でした。

知らず知らずのうちに私の中に入っている思考(ビリーフ)により、いろんな事が起こっているという事に気付かされました。

あやさんからビリーフリセットしてもらい、着地点にたどり着くことができました。
自分の中にあるビリーフがわかり、受け入れる事で今後に向けてどう対処したらいいかまで指針してくれて、セッションが終わった時はスッキリした感じです。

帰りに東京ラスクのソフトクリームをいただきました。美味しかったー。

この2週間後に、立花岳志さんの「お金のあり方1day集中講座」を受講した時、ビリーフリセットしてもらった事で講座の内容がすっと入っていったのも大きな収穫でした。

あやさんとの個別セッション第2回

最初のセッションを受けてから2ヶ月後の9月。
当初開講予定だった「ビリーフリセット初級講座」を受ける予定でしたが、諸事情で講座が延期になたという連絡がありました。
そのときに、講座代金を返金するか、セッションを受けるかとあやさんから聞かれて、「セッション受けます!」と返信しました。

今度は六本木のソノラスタジオで行いました。
この日は大雨が降っていて、歩くのがきつかったのを思い出します。

あやさん、素敵ないでたち(^^)

あやさんのセッションは1回で完結するものなので、2回は多いかなぁとも思ったのですが、受けてみるとまたしても新たなビリーフ発見
今度は父親との関係についてのビリーフでした。これもまとめようと思ったけどうまく書けないままなので、また改めて書こうと思います。

ここでも新たな解決法を出してくれて、終わったときにはスッキリとして帰宅しました。

セッションが終わって、表情が柔らかくなったと言われたツーショットです。

よっちゃんとのセッション(トライアル)で大きな気付き

11月。Facebook友達のさとうよしをさん(以下よっちゃん)に個別セッションを受けてきました。

よっちゃんはビリーフリセットカウンセリング講座を受講しました。今回のセッションは翌年のプロコースに進むための課題として行なっているもので、私はクライアント役としてよっちゃんの相手をしました。

場所はあやさんと最初に個別セッションを行った麻布十番のレンタルスペースです。
7月に訪れて以来の来訪です。

人と会話するときの悩みを持っていた事を相談した後、よっちゃんは3つの椅子を使って、私の中にある答えを導き出してくれました。

部屋にある花村 貴史さんの写真も答えを引き出すヒントになりました。数回足を運んでいるのですが、何気なく素敵な写真と思っていた写真から、何か力が出てきた感じがしてきました。
なむさん、ありがとうございます(^^)。アイキャッチ写真として使わせていただきます。

緑の写真
Photo by. Takashi Q. Hanamura

セッションが終わった時、「ご自身が答えを引き出したんですよ」と話してくれて、心がスッキリしてホッとしました。そこまで導き出してくれたのはよっちゃんですからー。と思ったけど、私自身、ここまで答えが出るとは思ってなかったのでびっくりでした。

よっちゃんのポーズ

よっちゃんはカウンセラーの学びがまだ続くのですが、人に寄り添ってくれる素敵なカウンセラーになってくれると感じた夜でした。貴重な時間を過ごせて感謝です。

スッキリとしてよっちゃんとツーショット。

ビリーフはまだまだ出そうなので、これからも向き合っていきたい

今年、ビリーフリセットを4回受ける機会が与えられましたが、受ければ受けるほど深いものを感じます。セッションを受けて解決したとはいえ、日常生活をしている中で、今でも時々ビリーフが出ているなぁと感じることがあります。ただ、ビリーフリセットを受けた事で、そうなった時にどう付き合えばいいかを考えたり、一度立ち止まってみる事を意識していけるようになったように思います。

まだまだビリーフが出てきそうな感じがしてますが、うまく付き合っていきたいです。

あやさん、よっちゃん、めぐみさん、改めてありがとうございました!

あやさんが昨日のブログに書いたことと、あやさん自身のピアノ演奏にジーンときたので、リンクしておきます。

ビリーフリセットについてのまとめ

ビリーフリセット協会

ビリーフリセットについてや講座の案内などが掲載されています。
自分の中にあるビリーフについて分る無料診断、やってみましたが興味深い結果になりました。改めてブログ書こうと思います。

最近は雑誌「CRASSY」にも掲載されました!すごい!

大塚あやこさんのブログ

あやさんの仕事やビリーフ、心のことなどいろいろと綴られてます。
読んでいてジーンとくる記事も多いです。

さとうよしをさんのブログ

「図らずも人生をオールリセットした ”バーンアウター” 」と書いているよっちゃんの心の学びと気づきを想いのままに書いているのがすごいです。

牧野めぐみさんのブログ

建築のお仕事をされているめぐみさんが「マーケティング」「心理」に興味を持つようになり、それを建築の世界でどう活用していくかを綴っているそうです。
どう融合していくのか、読んでいて楽しみです。

Feedly

Feedlyを登録すれば、更新情報を手軽に受け取ることができます。

follow

Blog Ranking

このエントリを読んで気に入ったら、いいね、クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ブログブログへ

関連記事(一部広告含む)