2019年ドラフト振り返り。注目の佐々木朗希投手はマリーンズ、奥川恭伸投手はスワローズ、そしてドラゴンズは地元東邦高の石川昂弥選手を獲得!【野球】

昨日、2019年のプロ野球ドラフト会議が開催されました。
今年は高校生を中心に注目選手が多く、ドキドキしながら待っていました。

2019年ドラフトの概要と始まる前の静けさ

今年のドラフトの概要。

開催要項

公式タイトルプロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD
開催日時2019年10月17日(木) 17:00開始予定
主催一般社団法人日本野球機構
特別協賛社大正製薬株式会社
中継テレビ = TBS系列全国ネット放送、スカイA
ラジオ = ニッポン放送
インターネット = Paravi Baseball Gate Sports Bull

ドラフト指名体験してみました!

協賛が大正製薬でリポビタンDがスポンサーになっているので、面白い企画をやってます。

誰でもドラフト指名できるという夢のような(!?)企画に私もやってみました。

これを作ってくれたのは、秋葉原にある「日乃屋カレー」の店長さんですw

開始前の静けさ

開始前の静けさ。見ているだけでドキドキしそうでした。

今年も仕事の合間にTwitterなどでチェックしつつ、radikoでニッポン放送の中継を聞いてました(会社ではヘッドホンして聞きながら仕事をするのはOKなので)。

 抽選箱の中にある用紙で、運命が決まる。

注目の二人、佐々木朗希と奥川恭伸

今年のドラフトの注目選手はいろいろといますが、メディアで特に注目されたのはこの2選手でした。

  • 佐々木朗希(岩手・大船渡高校)
  • 奥川恭伸 (石川・星稜高校)

佐々木投手は今年春の大会で163キロを出したということで一躍注目を浴びました。甲子園には届かなかったけど、U-18日本代表にも選ばれて注目を集めてきました。

運命のドラフト会議始まる!

17時を過ぎ、運命のドラフト会議が始まりました。指名選手のアナウンスが入ると、緊張感が走ります。

佐々木朗希投手はマリーンズ!

まずは大船渡高校の佐々木朗希投手。

マリーンズに交渉権が決まった後の記者会見での最初の一言は「ホッとした」でした。わかるなぁ。

4球団の競合指名となった中で引き当てたのは、千葉ロッテマリーンズでした!

マリーンズの印象はと聞かれた時は「ものすごい応援をするチーム」と話した佐々木投手。千葉でマウンドに上がった時はものすごい声援を受けて、160キロの速球を投げてくるのを見るのが楽しみになってきました!

奥川投手はスワローズ!

一方の奥川投手は3球団が指名。引き当てたのは、東京ヤクルトスワローズでした!

高津新監督、監督としての初仕事を見事やってのけました!

今年は最下位になってしまったけど、若手が多いし、タフな面もあるから早いうちから一軍デビューもあるかもですね。

つば九郎さんも早速ブログに書いてました

…って、指名待ってたんかいっ!ww

ドラゴンズは地元、愛知東邦高校の石川昂弥選手を獲得!

ドラゴンズの新レジェンドになるぞ! 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日に都内で行われ、東邦・石川昂弥(たかや)内野手(3年)は3球団競合の末、地元の中日が交渉権を獲得した。高校通算55本塁打の右のスラッガーの夢はでっかく「3冠王」。中日のレジェンド落合博満を目標に、サクセスロードを進撃だ。

事前予想では指名宣言していたドラゴンズが一本釣りといわれてましたが、ホークスとバファローズも指名してくじ引きになったのですが、見事ドラゴンズが引き当てました。

与田監督さすが!昨年の根尾昂選手に続いて、くじ運の良さを発揮してくれました。

「目標は3冠王。落合さんのようなバッティングが出来ればいいなと思います」

石川投手の夢は三冠王とのこと。さらには自分が活躍することでドラゴンズを優勝に導いていきたいとも話していて、頼もしさを感じました。

昨年も「根尾が入ったことで京田や福田、周平などが刺激を受けて…」と書きましたが、そこに石川選手が入ることで、更に刺激を受けそうです。

NEPPIE
NEPPIE

根尾と石川で二遊間を組む日がくるのも楽しみです(^o^)

ドラフトまとめ

全12球団の指名選手を紹介したいところですが、長くなるので、まとめておきます。

指名選手一覧はこちら。

予想では複数球団が指名すると思われていた明治大の森下暢仁投手がカープ単独指名になったのは驚きでした。

広島には明大の先輩(野村投手)がいるのが心強いし、即戦力として期待できそうですね。

また、意外性と言えばこちらも。

ドラゴンズが育成1位で指名したのが、名古屋大学の松田亘哲投手。
名大初のプロ野球投手誕生というのもありますが、高校時代はバレーボール部だったという経歴も驚きでした。

愛知大学リーグ3部に所属する名大・松田亘哲投手(4年=江南)は、中日から育成1位指名された。旧帝大からの輩出は東大、京大に次ぐ3校目。「うれしいです。不思議な気持ちになりました」と黒縁めがねがトレードマークの童顔をほころばせた。

支配下選手登録して、ナゴドのマウンドで立つ姿を見たいですね!

新たなスタートラインに立った選手たちを応援したい!

ドラフト会議が終わりました。指名された選手も、指名されなかった選手もそれぞれ新たなスタートラインに立ち始めました。

その中で活躍できる選手はほんの一握りという厳しい世界がこれから待ってるけど、選手たちには悔いのないように頑張って欲しいです。

WikiImagesによるPixabayからの画像

アイキャッチはフリー素材から見つけた写真。オールドスタイルのメジャーリーガー。プロ野球からメジャーリーガーに羽ばたく選手が出てくるかも。

created by Rinker
ベースボールマガジン社
¥1,020 (2019/11/14 10:19:44時点 Amazon調べ-詳細)

過去のドラフトについてはこちらで読めます!

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

都内の制作会社でHTMLコーダーとして活動中。ドラゴンズ&ファイターズと佐野元春さんとエアロビクスと日本酒とビールが好きです。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)