実はストレスが溜まっていた【note】

Sponcerd Link

noteにアップしているマガジン『NEPPIEのちょっとした話』に記事を追加しました。

noteに書いている内容

今年に入ってリハビリを始めた頃から感じていたことを書いてます。

リハビリは順調に進み、今月になって病院でのリハビリも終わり、自主リハビリに変わったのですが、途中痛みを感じたり、体を動かしている時に気づかされたことがありました。

そのきっかけは1月末、いつものリハビリの先生がお休みで代わりの先生がパートナーだったのですが、ある動きをした後に肩をほぐしている時に言われた一言でした。

ある日、リハビリで病院に行ったときのこと。

いつもの先生がお休みで代わりの先生がリハビリをしてくれたのだが、ある動きをしたときの私の肩の筋肉の動きを見て一言。
「知らず知らずのうちにストレスが溜まってましたねー」
驚きだった。体の中でストレスが溜まっていたとは!

実はストレスが溜まっていた

肩の痛みは見えるだけのものでなく、見えない所から来ることもあることに気づいたのでした。

その後、ストレスにつながるような出来事があったり、例の新型コロナウイルスの影響で不安な思いも出てきたりもしました。

2月末に受けたセッションを通して、ストレスを解消するヒントを得るなど、いろいろと気づきが出てきたので、そこまでの流れや感じている事を書いてみました。

友達から受けたセッションのことも近く書きますので、お待ち下さい。

NEPPIE
NEPPIE

実は1月末に書き始めたのですが、なかなか筆が進まずでした。ようやく書き上げられてよかったです。

noteの記事はこちらです!

noteの記事はこちらになります。読んでいただけたら「いいね」をつけていただけると嬉しいです。

noteに書けるようになったきっかけは、毎月恒例のこの記事でした。

マガジンは気ままに更新していきます。よかったらフォローしていただけると嬉しいです!

アイキャッチは池袋にある「梟書茶房」の鍵。伝票代わりになるものです。また行きたい。

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

フロントエンドエンジニア(HTMLコーダー)/ブロガー/逆算手帳アンバサダー/ドラゴンズ&ファイターズファン/佐野元春&Paul McCartneyファン/エアロビクス好き/ボディメイク進行中/Mac&Windowsの二刀流使い。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)