東武百貨店池袋店、営業時間を短縮。テイクアウトランチを買いつつ、「新しい暮らし」での買い物のあり方を考えさせられました【買い物】

Sponcerd Link

今日は当初はフルタイム出社でしたが、急遽所要が入って午前中は在宅勤務になったNEPPIEです。

今週は後半になっていろいろと仕事が入って忙しくなりそうです。体調を整えて過ごしていきたいと思います。

出社途中、東武百貨店池袋店でランチを買いに行ったら、営業時間が変わっていたのを見て考えさせられたので、書いてみます。

東武百貨店デパ地下でテイクアウトランチ

お昼過ぎに家を出発し、池袋駅に着いたところで、お昼を買いに東武百貨店に寄ってきました。

地下1階はお弁当などのコーナーが充実していて迷いそうですが、今回はこちらに行ってきました。

アジアン料理が味わえるお店です。

ワンコインで買えるお弁当があったのでゲットしました。

関連ランキング:弁当 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

9月1日から営業時間が変更になりました

営業時間変更の案内

東武百貨店は新型コロナウイルスの影響で4月、5月は営業休止(フードエリアは除く)、6月に営業再開した後も時短営業していたのですが、9月からは営業時間を短縮するということになったそうです。

前は営業時間が19時までだったのが、いつしか20時、21時までと延長されていたのが一転、今度は営業短縮というのは逆行しているのではと思ってました。

しかしニュースを読んでみると、コロナ以降、生活の形が変わったことが影響しているそうです。

会社では、働き方改革の一環で、営業時間の見直しを検討してきたところ、新型コロナウイルスの影響で消費者が夜間の外出を控える動きが広がり、それに合わせた営業体制が必要だと判断したと話しています。

NHK NEWS WEBの記事より

夜間の外出がまだ本戻りでない状態では、今までの形では難しいということでしょうか。

「新しい暮らし」のもとで営業時間も変えてみたら、どんな変化が来るのだろう。

新型コロナウイルス感染防止対策で出入口が分かれています。

夜間の外出を控える動きがあるのを機に、働き方改革を舵を切った東武百貨店。

今後、ウィズコロナ社会での新しい生活様式の定着による顧客の消費スタイルの変化に向け、従業員にもニューノーマル社会での「働き方改革」が必要と考え、さらなる営業時間の短縮に踏み切った。

ウイズコロナの時代がしばらく続く中、「新しい生活様式」に合わせた買い物スタイルを模索する時期がきたんだなぁと思いました。

私自身は会社には週1から2回と減ったので、仕事帰りにショッピングというのも少なくなってます。それでもウィンドウショッピングだけでも楽しかったのですが、買い物の仕方を買える必要がありそう。

平日だったらランチを買いにデパ地下に行ったり、休日にゆっくりと行くという感じもいいかも。

この試みがどんな結果になるか、注目してみたいと思います。

NEPPIE
NEPPIE

東武池袋ではフロアによって開店時間、閉店時間が違うので、出かける前にはチェックしてください!

東武百貨店池袋店 店舗情報

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

フロントエンドエンジニア(HTMLコーダー)/ブロガー/逆算手帳アンバサダー/ドラゴンズ&ファイターズファン/佐野元春&Paul McCartneyファン/エアロビクス好き/ボディメイク進行中/Mac&Windowsの二刀流使い。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)