【野球】9回表からの逆転勝利

Sponcerd Link

諦めない。

昨日は西武ドームでライオンズ対ドラゴンズ戦。
ドアラやチアドラゴンズが来るし、試合前にはOBトークショーや対決もあるということなので行きたかったのですが、仕事が終わってから行くのは距離的に無理なので断念…。
谷沢さんと松沼兄やんとの対決、見たかったなぁ。

仕事が19時過ぎに終わり、携帯でチェックした時はドラゴンズは負けてました。初回に3点取られ、ルーキー牧田投手に抑えらている状態。逆転を期待しつつ、ジムに行ってエアロビクスをしてきました。

ジムから上がり、帰宅の途についている途中、週刊ベースボールによる試合速報のメルマガが届いていたので読んでみたら、21時過ぎの時点で9回表で5対2。今日は負けかなぁと思いながら、mixiでのつぶやきをチェックしてみたら…

ドラファンのマイミクさんの書き込みには、ヒーローインタビューしている佐伯選手の写真が沢山!?
現地観戦した人たちがアップしていました。

勝ったの?
と思い、Twitterでドラゴンズのタイムラインを見ると、何と、9回表に5点差を逆転して勝利したという事を知りました。
すごい!!

野球情報K(@GLkkomuro)さんの書き込みより

改めてまとめてみました。 【9回表 中日の猛反撃】 先頭佐伯二塁打→堂上剛の安打→野本タイムリー→荒木の安打(1死満塁)→井端の押し出し四球→森野犠飛→和田四球(2死満塁)→ブランコの押し出し四球→佐伯逆転2点タイムリー 凄い…(゚o゚;;

帰宅してプロ野球ニュースでその攻撃を確認しました。2アウトまで追い込まれていても、最後まで諦めない姿勢が、逆転劇が生まれたのだと思います。

特に佐伯選手。ベイスターズを戦力外されたのをドラゴンズに“拾われて”入団。でもなかなか結果が出ないままこの日を迎えてました。
しかし、DHでスタメン出場して、ヒットが出たら、それまでの不振が嘘のような活躍ぶり。そして、9回表、逆転タイムリーを打ってくれました。
同年代だし、ベイスターズの頃からひそかに応援していたので嬉しかったです。

感無量な表情をしたのがジーンときました。
これを機に頑張って欲しいですね。応援してます!

中日9回大逆転!佐伯が口火→佐伯がV打
<西武5-6中日>◇20日◇西武ドーム
 どん底にいた中日佐伯貴弘内野手(41)が奇跡を起こした。0-5で迎えた敗色濃厚の9回、ドラマが始まった。先頭打者としてこの日3安打目となる左中間二塁打で出塁すると、それまで西武のサブマリン牧田の前に沈黙していた打線に火がついた。適時打、押し出し、犠飛、押し出しで1点差。そして、2死満塁で打席は再び回ってきた。「誰も諦めていなかったし、もう1回まわってくるような予感があった。最後は無意識だった」と、グラマンの外角の変化球を左前へ運ぶ逆転の2点適時打。その瞬間、一塁側ベンチがはじけた。

今日も西武ドームで行われる試合、私も現地で見に行きます。
ドアラとチアドラのショーも楽しみ。

ドアラとレオ(2008/5/31)

そして、OBトークショー&対決も楽しみです。

ライオンズ対ドラゴンズ、1982年日本シリーズでの映像。
見入ってしまいそう。

昨日は谷沢さんと松沼兄やんが出てました。
スポーツニュースでもやってくれたのですが、ワクワク感が感じました。

で、今日はこの二人。

交流戦OB対決・第3弾 5月21日中日戦
ライオンズOB松沼雅之氏×ドラゴンズOB田尾安志氏
5月20日に引き続き、ライオンズとして初優勝を飾った1982年の日本シリーズをクローズアップ。ライオンズ投手陣の主軸として活躍した松沼雅之氏と、ドラゴンズ強打のトップバッター「安打製造機」田尾安志氏による1打席真剣対決!

おー、田尾さんが見られる!
「鉄腕アトム」のテーマ曲で歌われる応援歌が好きだったなぁ。

ちなみに田尾さんはドラゴンズの後にトレードでライオンズに行ったんですよね。あの衝撃は今でも忘れられません。
これを書いたら、準備して西武ドームに向かおうと思います。

今日も勝ってもらいましょう!

関連記事(一部広告含む)