【野球】ホッシーファミリー卒業&新マスコットは…

ホッシー&ブーブ

Sponcerd Link

マスコットの「卒業」はちょっと寂しいものがあります…。

ドラゴンズではなく、ベイスターズの話題を書いてみます。
今日、横浜DeNAベイスターズのマスコットとして今まで活躍した「ホッシー」「ホッシーナ」「ホッシーゾ」が、卒業しました。

ホッシー&ブーブ
ホッシー&ブーブ


新生ベイスターズのロゴには、今までいたホッシーがいなくなったのが気になっていたけど、マスコットの動向は殆ど聞いてなかったから今年も続投かなと思っていたのですが、オープン戦が進んでいる中で卒業が発表されました。

ホッシー、ホッシーナ、ホッシーゾ。この3人(?)を始め見た時は「星?」という感じだったのですが、だんだん馴染んできてました。ホエールズがベイスターズに変わったのが1993年だから、20年活動していたのには驚きでした。

今日は忙しかったので、試合も卒業セレモニーもチェックしてなかったのですが、YouTubeにセレモニーの動画がアップされていたので、見てみました。

感謝状贈呈をしたのが「ハマの番長」三浦大輔投手でした。番長も長いですね…。

ホッシーからのメッセージが読まれた時、ちょっとジーンときました。
ニッポン放送 ショウアップナイター(‪@showup1242‬)のTwitterにメッセージが書かれていました。

【DeNA】卒業したホッシーからのメッセージ
大好きなベイスターズファンのあなたへ。

1992年、ボクはベイスターズに入団しました。
翌年からは妹のホッシーナ・弟のホッシーゾもファンのみんなといっしょにベイスターズを応援してきました。

『たよれるお兄ちゃん!ホッシー!』
『おてんば女の子!ホッシーナ!』
『やんちゃ坊主!ホッシーゾ!』
なんて呼ばれるたびに、ちょっぴり照れちゃうけど、ボクたちはいつも全力投球!

大好きなみんなの笑顔に会いたくて
いつだって、いっしょにおでむかえ。
…いっしょにごあいさつ。
…いっしょに握手。
…いっしょにお写真。
…いっしょにバンザイ。
みんなと過ごせたこれまでの日々は、とても大切なかけがえのない宝物です。
こんなにたくさんの宝物に笑顔に出会えたボクたちは世界一のしあわせものです。

新たなスタートをきった『新星☆横浜DeNAベイスターズ』
ボクたちも球団マスコットとしての活動を新しい仲間『スターマン』に託し、本日をもって…ベイスターズを…『卒業』することを決意しました。
今まで楽しい時間を本当にありがとうございました。

そして最後に1つだけお願いがあります。
これからもベイスターズを、そしてスターマンをどうか『大好き』でいてください。
よろしくお願いします。
この20年間、本当に沢山の笑顔を勇気をご声援を
いっぱい…、いっぱい…、いっぱい…
ありがとうございました。

ニッポン放送 ショウアップナイター(‪@showup1242‬)のTwitter より
2008/4/19 横浜スタジアム
2008/4/19 横浜スタジアム

ドラゴンズファンである私ですが、球場で会えた時は嬉しかったし、楽しかったです。
こちらからもありがとうと伝えたいです。

ホッシー@札幌ドーム
ホッシー@札幌ドーム

ホッシーファミリーの卒業セレモニー
<オープン戦:DeNA2-3ソフトバンク>◇18日◇横浜
 20年に渡り、横浜の球団マスコットを務めてきたホッシーファミリーの〝卒業セレモニー〟が、試合後に行われた。選手を代表し、三浦大輔投手(38)が感謝状を朗読。「あなたがたはベイスターズ誕生以来、今日まで、グラウンド内外を問わず、ベイスターズの魅力を存分に伝えるため、いつも最高の笑顔と最高のパフォーマンスを見せてくれました。あなたたちがいたから、スタジアムに来るのが楽しみだった。あなたたちの笑顔にたくさん助けてもらった。表しきれない感謝の気持ちでいっぱいです」とメッセージを送った。最後は、スタンドからホッシーコールが起こる中、グラウンドを1周。ファンに別れを告げた。

そして、新しいマスコットは……ラスカル?ではなく、ハムスターみたいな感じのゆるキャラです。
名前は「スターマン」

うーん。スターマンに見えない感じがするけど、そのうち慣れてくるかなぁ(^_^;)
今後をゆるく見守りたいと思います。

【DeNA】新キャラ「スターマン」登場
<オープン戦:DeNA2-3ソフトバンク>◇18日◇横浜
 DeNAの新球団マスコット「DB・スターマン」が初お披露目された。試合前にホッシー、ホッシーナ、ホッシーゾ3きょうだいのマスコット卒業がファンに発表されると、リリーフカーに乗って登場。“ハマ”と“スター”にちなんだハムスターがモチーフ。ずんぐりむっくりとしたユニホーム姿のゆるキャラで、短めの腕を一生懸命に振り、スタンドの拍手に応えていた。

ちなみにスターマンというと、David Bowieのナンバーを最初に思い浮かびます。

関連記事(一部広告含む)