【日常】カーネーション:2012年の母の日を思う

昨日(2012年5月13日)は母の日でした。

家に飾られているカーネーションの花を観ながら、母の日の事を思ってみます。

母の日の由来

「母の日」の由来を調べてみると…(Wikipediaより)

母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝うが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最後の日曜日に当たる。

普段、毎日頑張ってるお母さんへ、感謝の言葉や行動を示す機会を作るのがなかなか難しいですが、
母の日なので、この機会に母親にプレゼントをしたいと思っていました。
いろいろと心配や迷惑をかけている事も多いので…。

今日は教会から実家に戻っていたのですが、帰宅してから、近所にあるスーパーが入ってるテナントにユニクロがあるので、母と一緒に見てみることにしました。

いろいろと見て決めたのが、ユニクロで買ったカーディガンとクルーネックシャツ。母も気に入ってくれたようで嬉しかったです。

プレゼント

教会では、青年会から女性会の人たちにカーネーションのしおりをプレゼント。

そして、彼から母へカーネーションがプレゼントされました。
まだつぼみも多いので、満開になるのが楽しみです。

普段なかなか母に感謝の言葉が言えないのですが、改めて「ありがとう」と伝えたいですね。

追記:2020年の母の日

2020年の母の日は「母の月」。

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

フロントエンドエンジニア(HTMLコーダー)/ブロガー/逆算手帳アンバサダー/ドラゴンズ&ファイターズファン/佐野元春&Paul McCartneyファン/エアロビクス好き/ボディメイク進行中/Mac&Windowsの二刀流使い。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)