新規球団…楽天に決定

プロ野球の来年からの新規球団が決定しました。
その球団は…

東北楽天ゴールデンイーグルス!
(通称:楽天イーグルス)

cindydangerjones / Pixabay

ということで、プロ野球参入決定を記念いたしまして、楽天ではセールを開催するそうです。

Click Here!

楽天イーグルスプロ野球参入決定記念SALE


さて。早速オフィシャルサイトが出来上がっていた楽天イーグルス。
オーナーになった三木谷社長からの挨拶が記載されていました。

プロ野球参入決定のご挨拶
この度、楽天野球団のパシフィックリーグ参加が決定いたしました。
これもひとえに皆様方のご声援の賜物と存じております。
心より御礼申し上げます。
必ず、皆様方にご満足いただける球団になるように努力して参りますので、
「楽天市場」ともども「東北楽天ゴールデンイーグルス」を
ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

田尾安志監督のもと集まったコーチングスタッフの名前を見てみると…

1軍監督:田尾 安志 (中日-西武-阪神)
ヘッドコーチ:山下 大輔 (横浜)
1軍打撃コーチ:駒田 徳弘 (巨人-横浜)
1軍投手コーチ:小野 和義 (近鉄?西武)
1軍バッテリーコーチ:山下 和彦 (近鉄-日ハム-横浜)
1軍守備走塁コーチ:広橋 公寿 (西武-中日-ダイエー)
1軍守備走塁コーチ:高橋 雅裕 (横浜-ロッテ)
2軍監督:松井 優典 (南海-ヤクルト)
2軍投手コーチ:鹿島 忠 (中日)
2軍打撃コーチ:上川 誠二 (中日-ロッテ)
2軍バッテリーコーチ:芹沢 裕二 (中日)
2軍守備走塁コーチ:清家 政和 (西武-ヤクルト)
2軍守備走塁コーチ:橋上 秀樹 (ヤクルト)
…なるほどねぇ。
田尾さんを始めとして、ドラゴンズOBが結構いますね。鹿島さんとか、上川さんとか。
ドラゴンズ色が出る感じになるのかなぁ。
ちなみに、田尾さんは結構ファンでした。
ドラゴンズ時代の応援歌、未だに歌えるもの。(鉄腕アトム調で)

♪ヒットを狙え?今だチャンスを見せろ?
 一発頼むぞ、みんなの安志!

正式にユニフォームを着て指揮を執るのは、引退してからたぶん初めてですよね?

さて参入決定後、三木谷社長は田尾監督と共に記者会見を開き、このように話したそうです。

楽天誕生早々、分配ドラフトに異議あり!
三木谷社長は都内で会見し、急務の選手獲得に絡み、オリックス・近鉄合併で行われるプロテクト(優先保有選手)について、選手の意向の尊重などを訴えた。
都内本社で参入承認の知らせを聞いた三木谷オーナーは、喜びよりも責任と使命を強く感じたという。会見で強く語ったのも「改革」だった。

記者会見ではさまざまな「改革」を提案していきました。分配ドラフトだけでなく、FA取得の期限短縮と補償金の撤廃、ドラフトの完全ウエーバー制度の導入など。今まで識者やファンが求めていた事を、提案してきました。オーナーとしては一番若い30代の三木谷社長。あのメンツの中で果たして自分の思いをぶつける事が出来るかは難しいとは思いますが、頑張って欲しいと思います。
新規球団に楽天が決まったというニュースを聞いて、手放しで喜んだ人が多いとはいえない気もしますが、最後に、

三木谷オーナーは「楽天かライブドアかが重要ではなく、東北、宮城にチームができることが重要。企業中心ではなく仙台が誇れるチームをつくるのが我々のミッション」と力強く語った。使命感があふれ出た。

こう締めている事が興味深いです。東北地方に新しいプロ野球チームが出来るという事。そのきっかけをつくってくれたライブドア、球団を作ることになった楽天。来年どう変化していくのか、見守っていきたいと思います。

他にこんな記事が…。
50年ぶりパ新球団 楽天 一場獲り 速攻! 狙うはダルビッシュとのWゲット
宮城球場で楽天イーグルスの歓迎セレモニー
楽天参入で「面白くなる」61%

仙台出身のあのミュージシャンから、歓迎のコメントが出ていました。

REVELATION

稲垣潤一さん「故郷にやっと新球団うれしい」
若手参入で球界に新しい風が吹き、宮城球場がどんな形に変わってくれるか。サッカー好きでも足を運ぶようなスタジアムで、楽天球団のプレーを見たいですね。

ちなみに、昔よく聴いてました。「ドラマティック・レイン」とか「オーシャンブルー」、「1ダースの言い訳」とか好きだったなぁ。今度聴き直そうかな。今日、ミニアルバムRevivalIIが発売されるみたいだし。

他にもこんな人からも…。

生島ヒロシさん「3年かけて強いチームになればいい」
ベガルタ仙台・佐藤寿人「野球は好き!大歓迎です」

あとは。選手か…。磯部や岩隈はどうなる?ダルビッシュは?本当に一場を獲るのか?
誰が集まるか興味深いです。新たに決まったら追記でも書きたいと思います。

Feedly

Feedlyを登録すれば、更新情報を手軽に受け取ることができます。

follow

Blog Ranking

このエントリを読んで気に入ったら、いいね、クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ブログブログへ

関連記事(一部広告含む)