立花岳志復活セミナー「人生の試練をすべてギフトに変換する方法」レポート:第1回「人生の総棚卸し大会」で大きなギフトに気づくまで。【参加報告】

人生の試練をすべてギフトに変換する方法

Sponcerd Link

今年の目標に対してどれだけ実現してるかを振り返り始めている@NEPPIEです。

2021年1月31日、久しぶりにリアル会場でのセミナーを受けてきました。
立花岳志さんによる「人生の試練をすべてギフトに変換する方法」です。

立花さんはプロブロガー、作家、カウンセラー、セミナー講師など様々な分野で活躍されています。私も立花B塾でブログを通して自分自身をブランディングする学びを受けました。

今回のセミナーは立花さんがここ数年起きていたことを振り返り、内観したことで得たものを、自分ごとになるようにギフトとして伝えていきました。そのギフトを自分ごととして受け取ることが出来て充実した時間になりました。

自分の中で完結するのはもったいないのでレポートをまとめていますが、かなりの長文になりそうなので、数回に分けて書きたいと思います。

立花岳志復活セミナー「人生の試練をすべてギフトに変換する方法」

2021年1月31日、立花さんにとっては約2年ぶりとなる単独セミナーが開催されました。

タイトルは「人生の試練をすべてギフトに変換する方法」。

セミナー場所は神楽坂にある「ココロノオフィス神楽坂セミナールーム

「ココロノオフィス」は心理カウンセラーである根本裕幸さんが設立したセミナールームです。

立花さんは根本さんと親交が深く、定期的にミーティングを持ったり、2019年までは夏に湘南の地でジョイントセミナーを持っていたりしていました。

根本さんとはまだお会い出来てませんが、数冊著書を持っていて、ふと気づいた時には読んでいるので、今回の復活セミナーの会場となったのが不思議な縁を感じます。

NEPPIE
NEPPIE

たっちーと根本さんのセミナー、やってほしいなあ。

Part1 自分の起こったことを棚卸し

まず、立花岳志さん(たっちー)について何度もブログに登場していますが、改めておさらいします。

立花岳志(Takeshi Tachibana)

作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー/情報発信コンサルタント/イベントプロデューサーなど、複数の職業を持ち多面的に活動するスラッシャー。

詳しいプロフィール

プロフィールに書いているように様々な活動を続けてきた立花さんでしたが、2018年夏から始まった大きな暗転で今までの生活を手放さなければならなくなりました。

「人生の棚卸し」を進めていって気づいたのは、「人生の試練」と思っていた数年間の出来事は、実は自分自身を成長するための大きな「ギフト」だったということでした。

Part1では、自身が受けたここ数年の出来事を話し、そこから「ギフト」に気づいた事までを話しました。

2011年春独立。勢い持って活動を大きく広げていった。

2011年4月、40歳で独立しプロブロガーとして活動をスタートした立花さん。

独立以降、商業出版を数冊刊行、セミナー講師として様々なセミナーを開催、当時のパートナーと会社を立ち上げ、セミナーや講座の規模を大きくして売上げをあげていきました。

六本木にセミナールーム(ソノラスタジオ)を開設し、鎌倉にもセカンドハウスを立ててデュアルライフをスタート。さらにはポリアモリー(複数恋愛制)を実践しメディアにも出演し話題になりました。

このまま順風満帆で進むと思っていたそうです。

2018年夏から、予想しない事態が立て続けに起こってしまった

順風満帆と思っていたのが異変がやってきたのは2018年夏、たっちーが誕生日を迎えた後でした。

ずっと続くと思っていた幸せな日々に異変が起きたのは2018年夏の僕の誕生日でした。
2018年7月から音を立てるように築き上げたものが崩れ始めました。
(中略)
六本木、鎌倉、南麻布、中目黒にあった拠点もすべてクローズ。
車も猫もすべて手放し、僕は流れ着くように鎌倉の海街に定住することに。

1/31(日)立花岳志復活セミナー「人生の試練をすべてギフトに変換する方法」開催!!東京リアル受講・Zoom配信・後日動画視聴から選べます!!

2018年夏ごろというと、3月に『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を刊行し、セミナーやTLI講座も開催していた頃でした。

夏には著書のテーマの一つである「お金」について重点的に学んだ1Day講座にも参加してました。

この「お金のあり方1Day講座」が開催されたのは7月20日(金)。というと、この講座が開催されたあたりから様々な変化が少しずつやってきたという事でしょうか。

表向きではそう見せないまま日々の活動を続けていたけど、12月に入り、目に見える形で示されることになってきました。

2018年暮には久しぶりに「Dpub」イベントを開催し、楽しい時間を持てましたが…。

ポリアモリーで出会った恋人との別れ、離婚、元パートナーとのビジネス終了、六本木のセミナーハウスの手放し、そして鎌倉への移住…。

たっちーは一連の出来事をブログやnote、SNSなどに書いていきました。私は記事を読んでここまで大変だったのを知って、ショックを覚えたのを今でも覚えてます。

当時のことについては、たっちーの有料noteに詳しく書いているので、興味あったら読んでみてください。

鎌倉で「人生の総棚卸し大会」が始まった

2020年12月、鎌倉ランチ会の後に訪れた材木座海岸

2019年8月、鎌倉の海街に家を借りて生活するようになりました。

たっちーは、昨年前半までは継続していた講座(立花B塾、マスタリー講座など)を行ってましたが、対外的なセミナーやイベントは行わなくなりました。

昨年3月に新型コロナウイルスの影響がではじめたのもあり、徹底的に「引きこもり」を進めるようになったそうです。

2020年7月になって、人生の棚卸しが一通り終わった感覚が生まれ、「終わりの始まり」から「始まりの始まり」を意識するようになり、夏の暑い時期は新しい始まりに向けて気持ちが高ぶっていったそうです。

得たものは「3年間起こった出来事は全て宝物」!

ところが、9月~10月に停滞期がやってきました。新しく進もうと思っても、どこか違和感を覚えるのを感じ、たっちーは改めて内観していきました。

その結果、11月になって違和感の原因がつかめてきたそうです。

違和感に対して、一つひとつビリーフを開放していった立花さんは、2020年12月にビジネスモデルを再構築させることを決意します。

メルマガをリニューアルし、セミナーなどの運営方法を変えていきました。法人設立、講座もリニューアル、オンラインサロンの構想など、新たなビジネスモデルを作って飛躍の年にしていこうと動き出したのです。

本格的に動くようになって、たっちーはここ数年で起こった事を振り返り、得たものをこう話しました。

  • 今までの経験はギフトだった
  • チャレンジャーになる!
  • 年齢は関係ない
  • 過去の栄光に浸らない(でも過去の経験は財産になっている)
  • 仲間に支えられつつ、一人でビジネスを構築
  • 麻布に戻って発展させる

そこで最後に得た結論が「この3年間に起こったことはすべて宝物だった」でした。

ここで1部が終わると思っていたら、実はセミナー開催数日前に、とてつもなく大きなビリーフが見つかったことで、セミナーの内容を大幅に変えたという衝撃の話が出てきました!

NEPPIE
NEPPIE

セミナー開催数日前に出てきた「ビリーフ」を聞いて驚きでした!

自分語りでなく「起こった出来事をギフトに変換」へと繋がっていく

MacBook Proのメモ帳で必死に記録してました。(手前のカレンダー付自由帳は使わなかった)

ここまでで約1時間近く。

たっちーがここ数年の出来事が「ギフト」だったということに気づくまでを話したパート。これだけだと単なる「自分語り」で終わりそうですが、そうならないのがたっちー流セミナー。

Part2では、今まで起こったことを「自分へのギフトとして受け取る方法」を話しました。

その話を聴いてみると、今の私にも当てはまることが多く、たくさんの「ギフト」が今後の私自身の歩みに必要なものになっていくことを感じたのでした…。

次回予告

セミナーレポート、次回は「Part2 自分に起こった出来事をギフトに変換する方法」として書いていきます。お楽しみに!

NEPPIE
NEPPIE

たくさんメモしたので書くのが大変ですが、セミナーで得たものを読者にも伝えられるようにまとめていきますね。

関連記事(一部広告含む)