尾崎豊「卒業」を聴いて「自由になりたくないかい!」と叫びたくなった【Prime Musicで再会した音楽】

Sponcerd Link

3月になると、くしゃみはでるけど花粉症なのか分からない微妙な体調になってしまうNEPPIEです。

卒業シーズンですね。
私自身は学校を卒業したのは相当前ですが、あの頃の切なさは今でも思い出します。

「卒業」と聴いて思い浮かぶ曲

卒業シーズンはラジオを聴いていると、「卒業」ソングが流れてきます。
リアルタイムで聴いていたり、後になって聴くようになったりといろいろですが、今回リアルタイムで聴いていた曲を改めて聴きなおして、新たな思いを感じた曲を紹介します。

[memo title=”MEMO”]今回の記事は2015年に社内イントラに掲載していたコラムをブログ向けにリライトしました。[/memo]

尾崎豊「卒業」を改めて聴いてみた

リアルタイムでも聴いていたのですが、今回聴きなおしてみて、当時分からなかった歌詞に込められている意味が深く感じました。

学校を卒業しても、自分自身はまだ「卒業」できてないというあがき、苦しみ。
早く自由になりたかったと叫ぶ姿は今聴いてもガツンときます。今でもどこかで「自由」を求めているのかも…という思いを持っているからかも知れません。
カップリング曲は「Scrambling Rock’n’Roll」なのですが、この歌詞には「自由になりたくないかい」という呼びかけが入ってるのが、対照的な印象を感じます。

当時、「夜の校舎 窓ガラス 壊してまわった」という歌詞を歌ったことで、当時の中学生、高校生から『反抗する若者のカリスマ』、『十代の教祖』と称された尾崎。一度付けられたそれらの印象が、後に彼自身を苦しめることになってしまったとしたら…。

「卒業」を発表した後の尾崎についてはここでは触れません。

1992年4月、27歳の若さでこの世を去った尾崎豊。
生きていたら52歳となる彼の曲を聴いてみたかったと思うのは私だけではないはず。
改めて、じっくり聴いてみたいと思います。

尾崎と共に歩んできたデザイナー、田島照久

「卒業」のジャケット写真も印象的。
デザインは田島照久さんで、浜田省吾さんとかも手がけているデザイナーです。田島さんが手がけたジャケット写真は幻想的なアートを感じさせるものが多く、今見ても斬新なのが多いですね。お気に入りのデザイナーの一人です。

TERUHISA TAJIMA WEB

浜田省吾×田島照久によるコラボレーション作品展「浜田島」。
観に行きたかったなぁ。

Prime Musicについて

Amazon.co.jp | Prime Music | 音楽聴き放題

Amazon Music

無料
(2018.03.15時点)
posted with ポチレバ

「Amazon Music Unlimited」に切り替えて、聴き放題出来る曲が更に増えました!

この記事を書いた人

Minako "NEPPIE" Seki

Minako "NEPPIE" Seki

都内の制作会社でHTMLコーダーとして活動中。ドラゴンズ&ファイターズと佐野元春さんとエアロビクスと日本酒とビールが好きです。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)

Feedly

Feedlyを登録すれば、更新情報を手軽に受け取ることができます。

follow

Blog Ranking

このエントリを読んで気に入ったら、いいね、クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ブログブログへ