突然の訃報。小林繁さん死去

ご無沙汰しています。ねぴです。
土曜日から札幌に来ています。札幌ではおいしいものを食べたり、雪に驚いたり、友達と楽しんだりと過ごしています。

札幌での楽しいことを書きたいと思っていたところに入ってきた突然の訃報に驚きました・・・。

小林繁さん急死に驚きと寂しさ…

元巨人投手の小林繁さん急死、57歳

 元巨人、阪神の投手で、現在、日本ハム投手コーチの小林繁(こばやし・しげる)さんが17日、心不全のため、自宅がある福井市内の病院で急死した。

 57歳だった。告別式は20日正午、福井市松本4の8の7千福寺りんどうホール。喪主は妻、静子(しずこ)さん。

 小林さんは、1972年にドラフト6位で巨人に入団。右横手投げの独特なフォームで、76年から2年連続で18勝をマークした。79年2月に、阪神といったん契約した江川卓投手との1対1の交換トレードで阪神に移籍し、その年に22勝を挙げて2度目の沢村賞に輝いた。プロ通算139勝95敗17セーブ。引退後は97年から2001年まで近鉄のコーチなどを務め、09年から日本ハムで投手コーチを務めていた。

「空白の一日」を超えて…

小林さんといえば、空白の一日。

それでも、スマートにクールに、ジャイアンツとタイガースでエースとして投げ続けていた姿が忘れられないです。

しばらく球界から見かけなかったときもあった小林さんが
再び登場したのは、このCM。
江川と共演し、「空白の一日」以来、じっくりと語りあったものでした。

昨日、ホテルに戻って部屋でうるぐすを見ていたら、
そのCMとともに、江川氏が小林さんのことを話してました。

「30年くらい前に僕が巨人に入るということで、小林さんが出られるという事件があった。その時のことはつい最近のことのように感じる。申し訳ないという気持ちは一生消えない。一生持ち続ける。CMに一緒に出演した時、『お互い大変だったな』という言葉を掛けてもらい、すごくほっとした」

江川さん、涙目してました・・・。
当事者しかわからない思い。なんともいえない思いがしてきました。

ファイターズでコーチをする姿を見たかった…

今年はファイターズの1軍投手コーチをやることになっていた小林さん。
札幌ドームで姿を見られないのが残念でなりません。

心からご冥福をお祈りいたします。

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

フロントエンドエンジニア(HTMLコーダー)/ブロガー/逆算手帳アンバサダー/ドラゴンズ&ファイターズファン/佐野元春&Paul McCartneyファン/エアロビクス好き/ボディメイク進行中/Mac&Windowsの二刀流使い。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)