【野球】落合監督退任…逆転に向けて、一歩一歩。

昨日のドラゴンズの試合を振り返る前に、やはりこの話題を書かないわけには行きません。

落合監督 今季限り 中日、後任には高木守道氏
 プロ野球中日ドラゴンズは二十二日、定例取締役会を開き、落合博満監督(57)の今季限りでの退任と、一九九二年から九五年途中まで監督を務めた高木守道氏(70)の新監督就任を決めた。二〇〇四年から指揮をとり、2度の契約更新を経て、今季が3年契約の最終年となる落合監督は契約満了。このオフからは高木新監督の体制で、一二年の新シーズンに臨む。
 球団は、落合監督の契約の最終年を考慮。シーズン終盤の優勝争いを迎える中、来季の方針を明確にしておくことで混乱を避け、ペナントレースに集中できるよう配慮した。

監督の交代について(中日ドラゴンズ公式)


このニュースを聞いた時、私は正直「ホッとした」という思いがあります。

監督としての手腕がさすがというのは就任してからのドラゴンズの成績を見れば分かります。8年間でBクラスを経験してないのはそれだけ底力がある証拠。2004年、2006年の優勝、2007年2位からの日本一。昨年のリーグ制覇。これだけ優勝を経験している監督だから、功績の大きさは測りきれないです。

「勝つことがファンサービス」という事を常に話していた落合監督。しかし、勝つだけでは球場に集まらないのが今のプロ野球。「勝つ+α」が必要になっている中で、監督の言動、行動に納得いかない部分も多く感じてました。ホームランを打った選手に対してハイタッチをやらなかったり、勝利した試合でも表情を殆ど変えない。故障した選手の情報を教えない、談話もそっけない、ファン感謝デーに出ない…。本来なら監督が率先して行うべき部分が欠落していたのも否めません。

最近は私の周りで「アンチ落合」のドラゴンズファンが多くなってきて、球場でも素直にドラゴンズを応援したくても出来ないという話を聞く事があって、寂しい思いがありました。せっかくドラゴンズを応援しているのに、監督嫌いというだけでファン同士がいがみあいに近い感情になっていたりしているのが悲しかったです。(某SNSコミュニティなどで見かける事が多いです)

「監督退任」のニュースを聞いてホッとしたのは、これでファン同士のいがみあいみたいな事は減ってくれそうという思いからでした。後任が高木守道さんというのにはいろいろ意見が分かれる所があるようですが(立浪さんや井上二軍監督へのつなぎという説も?)、「余命を懸けて…」と意気込みを語ってるのだから、是非とも頑張って欲しいですね。

高木守道さん(2007年3月31日) パオロンパペに守道サイン

2007年3月31日にナゴヤドームでOBトークをやっていた守道さん。パオちゃんパペに丁寧にサインをしてくれたのが印象的でした。

で、昨日の試合。首位スワローズを追うドラゴンズ。
吉見が1点先制されてしまったけど、回を重ねる事にピッチングが良くなって来ました。
5回までは館山にノーヒットに抑えられていたけど、6回、2アウトからランナー置いてブランコが同点打、谷繁が逆転打、堂上兄もタイムリーと一気に3点入れて勝負あり。最後に岩瀬が1点打たれてしまったけど、大事な初戦をドラゴンズが勝利で飾ってくれました。

吉見と谷繁、バッテリーコンビ(2011/9/22)

今回の監督退任発表を受けての試合。選手たちに動揺があるかとも思っていたのですが、谷繁が「普段から1試合勝っていく事が大事」と淡々と語っていました。まずは逆転優勝に向けて戦っていく事を最優先にして欲しいと思います。スワローズとの連戦は日曜日まで続きます。追撃に向けて大事な戦いが続くので、着実に勝ってもらいたいですね。

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

都内の制作会社でHTMLコーダーとして活動中。ドラゴンズ&ファイターズと佐野元春さんとエアロビクスと日本酒とビールが好きです。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)