「日経WOMAN」2018年手帳特集号ゲット。付録の万年筆がお洒落【手帳】

Sponcerd Link

この時期、本屋に行くと手帳特集が気になるNEPPIEです。
まず最初に手に入れたのは、日経WOMANです。

購入の目的

今回のWOMANは、中身も気になるのですが、付録の万年筆が気になって買ったというのがあります。

付録の万年筆、表紙に「実物大」と書いてたので重ねてみましたw
万年筆を使うのはいつ以来だろう…。

使い心地は…雑誌の付録なので、レベル的には普通ですが、カートリッジの詰め替えも市販の型で出来るので、普段使いで使ってみようと思います。

もう一つのポイントは「逆算手帳」の広告!

今回、目次をめくると右側に記事のようなページが…。

これは「逆算手帳」の広告なのです!
記事の1ページになってるような溶け込み感がいい感じですね。

コボリジュンコさんが逆算手帳を売るために考えたのが、雑誌広告を出すことだそうです。

http://www.kobojun.net/gyakusan/nw201711.html”

2018年版の逆算手帳を作りながらも、どうやって逆算手帳を売ればいいかを連日考え続けていました。
(中略)
そして閃きました。
怖い。けど、やってみたい。
雑誌に広告を出す。
それも、日経ウーマンの手帳特集号の目次1ページ目の向かい側のページ。
どうしてもどうしても、ここに広告を出したい。

目次の向かい側のページは、雑誌を買えば必ずといっていいほど目にすると思います。
そこに広告を出すという戦略。
マーケティングの奥深さを改めて感じました。

既にAmazonでベストセラーになっているけど、一般の書店や文房具店では売られてない逆算手帳。
今回、人気雑誌の広告に載ったことで、ますます買う人が増えるだろうなぁと思います。

手帳特集は手帳を使う上でのポイントは他の人の使い方、手帳と合う文具なども紹介されているので、これからしっかりと読んでいきたいと思います。

他の特集も気になるところがあるので、また改めて記事にしますね。

日経WOMANはこちらで買えます。

created by Rinker
¥591 (2020/10/01 06:47:32時点 Amazon調べ-詳細)

ちら見してみたいという人はこちらで。

手帳のTO DOで「私、失敗しないので」、行きたいですねー。

2018年の手帳

逆算手帳 GYAKUSAN planner 2018

ほぼ日手帳2018 WEEKS「A VERY MERRY EVERY DAY to you(bear)」

created by Rinker
¥1,400 (2020/10/01 06:47:33時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を書いた人

Minako 'NEPPIE' Seki

フロントエンドエンジニア(HTMLコーダー)/ブロガー/逆算手帳アンバサダー/ドラゴンズ&ファイターズファン/佐野元春&Paul McCartneyファン/エアロビクス好き/ボディメイク進行中/Mac&Windowsの二刀流使い。詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告含む)